スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんた、霊感あるんじゃないの?-怖いのダメな人、見ないでください-

うーん、うーん。怖かった…最近悪夢にうなされて、
ちょっと気分が落ち込んでいました。いやいや、なんかそれが
ただの悪夢じゃなくて、起きた時にも感触があったのでそりゃもう、
その落ち込みようったら…

というわけで、怖い話です。

実はですね、草月引っ越ししようと思ってるんです。
いや、今いる場所がいやだとかそういうわけではないんですけど。
でももうちょっと、なんていうか駅に近い場所がいいな~なんて
思って、無謀にも引っ越しを考えていたんです。

知人に、不動産に勤めている子がいるので、その子に頼むと
「ちょーっと忙しいから4月頭までまってよ」と言われました。
楽しみにしてました。そして、電話でちょっとした好奇心からこんなことを
話しついでにいいました。

わけあり物件見せてよ。

「ええー、あんた何考えてんの?!」

実は、その子が就職したときに面白い話を聞いていたんです。
その子はある日、先輩にある鍵を渡されて、「黙ってその部屋を見てこい」
と言われたそうです。指定された部屋に行くと、何の変哲もない部屋なのに
何かいる!圧迫感があって、とてもじゃないけど入れなかったそうです。
それが、不動産業界のわけあり。

草月はその話が忘れられず、チャンスを狙っていたのです。

くくく、いいじゃないのよ。引っ越し先仲介料とるんでしょ。案内しなよ。
「あんた、馬鹿。いくらなんでも何かあるって、絶対やめな」

こんなやり取りをしていました。
草月は、自信あったんです。小さいころから幽霊というものに
どれほど嫌われているかは自覚していましたし、何も信じないリアリスト。
もしそんな世界があるならお目にかかってみたいもんだと常々思っています。

あーあ、みたいなと思って諦めきれない草月。友人の忠告には全く耳を貸しません。
しかし、その晩不思議な夢をまた見たのです。


草月は普段自分の寝室のベッドで寝ています。

だけど、その日はなぜか夢の中の知らない部屋で眼が覚めたんです。
夢の中で目がさめるっていうことなんてあり得るのかな、なんて思いました。
ただ、その夢はすごくリアルでした。

隣にはなぜか知っているヒトが寝ています。知らない部屋、自分のいつもの布団。
あたりは夜のようでなんだか怖くなって隣の人を起こそうとしました。

周りと見ると、10畳ほどのフローリングで、左手に格子の模様の入った引き戸が
あり、その奥には1畳ほどのオレンジ色の床のキッチンがありました。
キッチンの右手には洗面所と選択置き場が見えます。
(←夢の癖にすごくリアルに覚えています)

草月はその部屋のフローリングの間で、自分の布団をひいて寝ていたようです。
カーテンのない窓をみると、江別市とは違い高いビルが並んでいて
ここは札幌のどこかかな?と思いました。
窓の外にはなぜか物干しざおがありました。

なんだろう…ここ。

ぼーっとしていると横目に誰かが見えました。
怖かったのですが、振り向きました。

そこにいたのは5つくらいのレインコートを着た女の子でした。
濡れていて、全体的に薄青く目の色がうつろで不気味でした。
草月は凍りつきました。これ、幽霊?
ぼーっとしていたら、なぜか、女の子は何か言いたそうにしているように
見えました。

そこでいった草月の言葉は・・・

あなたね、そんな言いたいことがあるなら、今時
顔を出さなくても、ブログもあるし、ツイッターもあるのよ。そこいけば?


…これ夢ですから。草月も正気ならこんなことをいうかどうかは
わかりません。こんなこという自分じゃない、と信じたい…。

すると、女の子の後ろでバタバタっと何かが走り抜け、キッチンの方にかけて
行きました。
なんだあれ!逃がしてなるものか!と走って追う草月。

後ろ姿が、着物のような男が何人かキッチンの向こうで消えました。
ああー、逃がした。だけど、ここは何かいるな。
そう思っていた時でした。

後ろに気配を感じました。
ゆらゆらと何かが踊っている。

振り向くと、黒っぽい喪服のような細い、背の高い女がたっていました。
仮面をつけています。
女の顔をした仮面でした。草月はなんだか見てはいけないものを見たような
気がしました。この女は危ないだろう…そう思いました。

女は草月を無視してゆらゆらと揺れながら、小さな声で何かを歌っています。
気味の悪い歌詞だった気がします。覚えていません。

そして、草月の布団で寝ている知人にゆらゆらと向かっていく。
まずい、足が動かない。
どうしよう…と思っていて、後数歩だというときにいきなり思ったのです。

あれ?私、負けるわけないじゃない。
そう思った瞬間草月は走って行って、女の胸倉をつかんで頭突きをして(←またか…)
首をつかみました。

はやく、出て行けー!

そういったのと、現実に起きたのが同時でした。
自分の声で起きたんです。草月は口を閉じて寝る人なので、寝言は
基本的に言いません。喉を閉じているからか、一度父が聞いた寝言も
何をいっているかまったく言葉になっていなかったみたいです。

手にはあの首をさわった、感触がのこっていました。まるで蛇のように冷たくて
だけど、首の皮の感触は確かに人間みたいだったし、あの女の喉が動いていた気がする。


・・・わけあり物件みるの、辞めようかな。

そう思って時計をみると、4時前でした。
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

霊感彼氏④-喜登牛山で、ポルターガイスト-

あれ?
おや?

こんにちは。何してるんですか?ここ、車道ですよ。
こんにちは
痩せてますねぇ…食べてます?
エキノコックスに気をつけて
夏は虫が多いですから。毛皮に注意ですよ。

というわけで、またまた霊感彼氏の話です。ただし、今回はこれまでの
彼の話ではないです。次の彼の話です。この彼も相当霊感強かったんですよね。
夏になるといろいろあったんです。思い出します。

6年ほど前の話です。
夏のある日、「たまには旅行いこう?」と彼が提案し、
車で小旅行に行きました。帯広に行きです。わくわく。
道中、くさつきは「山!山の中走って~」とお願いしました。
いや、単に山の中車で通るのが好きなだけです。そこで彼はルートを変え、山道を
走ることに(優しい)。
しかし…そのルートの中に入った山は偶然にもあの!喜登牛山でした。
あの辺り一体では、「物の怪」とか霊とかそういううわさが結構ある●●スポットです。
何も知らないくさつきと彼は歌を歌いながら山の中に入っていきました…。

山に入ると、一体が放牧場。角の切っていない牛(!)が、囲いの無い牧草地で
はむはむと草を食べてます。でかいねぇ。遠目にみてたんですが
「くさつき!」
ん?わー!!
車(2m、2t、クロスカントリー型)のバックミラーに写ったのは…
同じくらいの大きさの牛の大群でした。追いかけてきてるー!ひぃぃぃ!!
つの、つの怖いー!!
なんとか逃げ切りました。危なかった…さすがにガチで対決したら
破損するな。あははははー、と危ないながらも楽しい時間をすごしていました。

牛の大群を振り切った後。また歌を歌いながらドライブ。
♪~
「くさつき…」ん?
「いや、勘違い。ごめんなんでもない」
ふうん?でも、彼の様子が変です。どうしたの…?
車内はいきなり静かになりました。

「くさつき…」
はい?何なの?どしたのさ。
「誰か乗ってる」
???
「運転席の後ろ…」
振り向きましたが、誰もいない。
いないよ?

そのときでした。ゆっくりと坂を下っていたんですが
ガチャン。
ギア(マニュアル、1速にいれていました)が外れました。
ブルブルブルブル…止まった。あれ?なんだろう。
壊れてるかもしれないよ?ちょっと急いで山降りよう?
「うん…」

山を降り始めました。しばらくすると
ブルブルブルブル…ガチャン。今度は3速か…
なんか変だな…?車、壊れてるのかなぁ?
「くさつき!」はい?

ガチャリ。

ドアのロックが全部いきなり降りてしまいました。(←いつもロックしない車でした)
え?何で閉まったの?
「痛い…」
ん?
見ると、彼は変な姿勢になっています。後頭部をぴったりと椅子にくっつけてるのです。
「離して…頭つかまれてる」
えー!どうしよう。とりあえず、山降りよう!
「うん…」

山を降りるときも彼はずっと変な姿勢でした。運転もドアロックが外れないので
代れない。どうしよーどうしよー。
山を降りて、ドアロックが戻っても頭はそのままつかまれているようです。
車を降りても、まだ「痛い…離して…」
ええと、ええと…そうだ!!その人に離れてもらえばいいんだ!!
くさつきは思い出しました。どうやって離れてもらうか…。

山を降りて2時間後。やっと落ち着きました。
あー…霊には縁があるんだかないんだか…
「それにしても、なんでくさつきは平気なの?」

知らない…。


霊感彼氏③-怖いの苦手な人、みちゃだめですよ-

あ、しまった。今日アップしようと思っていたのに
カードリーダーを忘れてphアップできない…
しくしく…何か写真もってるかな…


DSCN4160.jpg
懐かしい写真がでてきました。この子はくさつきが5年前に飼っていた
ヨツユビハリネズミのしいたけちゃん。
こんばんわ、しいちゃん。お久しぶり。
彼女は、本当によく食べる方でした。食べて食べて、そして動くのが嫌い。
お医者さんには「小錦!」といわれてました。
寝床は、農作業用のアームカバー。かわいかったです。
しいちゃんは食べてる写真ばっかりだなぁ…

というわけで、写真がないので霊感彼氏の話です。
この話は、くさつきと付き合い霊感が弱まってきたころの話です。
「弱まって最近みないよ。ありがとう」とにこにこしていた次の日でした。
とんでもない大物に出会ってしまったのです。

この頃、彼は運送屋のバイトをしていました。
結構遠くまで行くこともありました。網走や北見まで行って
2日くらい帰ってこなかったこともあります。それはいいんですが
いろんなところにいくと、その…ついてきてしまう方もいるようでした。

その日、彼はバイト後で疲れていたので早く寝ました。
また、夜中に目が覚めました。なぜか見る時は、目覚めるようです。
彼はベットでぼーっとしながら部屋を眺めていました。月明かりで
部屋は青白い光でいっぱいです。(←特別な日ではなく、彼の部屋は異常に月明かりが
入る部屋でした。いつもこうです)
ふと、その時。ベッドから見て少し離れたところにあるパイプ椅子がおかしいことに
気づいたんです。その椅子の上には黒い小さい点が集まっているように見えました。
なんだろう…虫かな?そう思って目を凝らしましたが、彼の視力は0.1。
見間違いだろう。背を向けてまた眠ることにしました。

うつらうつら…。でも、ねむいのになんだか寝れない。椅子が気になり始めました。
「虫ならおぱっらてしまうか」。そう思い、枕元のメガネをかけ、もう一度
椅子をみました。すると、さっきよりはっきり点が集まっているのが見えます。

彼は、身動きがとれなくなりました。
まずい!これは虫じゃない!
その虫のような点は集まり…何かの形になっていきます。
髪…?いや、あれは女性の後頭部!
そう思った時には遅かったらしいです。
黒い点はあっという間に椅子に座っている女性になり、
くるりとこちらを向いたそうです。

怒りの表情でした。彼を睨みつけ凝視しています。
俺は何もしていない!勘違いだ!人違いだよ!!
そう心の中で叫びましたが声はでませんでした。こういう時、同じ部屋の
後輩たちは絶対に起きないそうです。不思議です。

彼は、また気を失いました。そしてすごく恐ろしい夢を見たのです。
彼が意識を失うまで誰かに殴られる夢だったそうです。
朝起きると、椅子には誰も座っていませんでした。
よかった…

でも、まだ終わっていなかったのです。
その日の夜、食堂のテレビの電源を切った後。何もない画面に
写った自分の後ろに、いないはずの人が立っていたのです。
昨日の!! まだいる!!!
その後、彼は外泊届をだして、一週間くさつきの家に泊りました。


あ、思い出すと怖いのでもう一回彼女に出てきてもらいましょう。
おーい。

のしっ
DSCN3594.jpg
あんたやっぱり、小錦だわ…

霊感彼氏②-怖いのだめな人は読まないでください-

エヴァンゲリオン破のDVDを見てたらこんな時間になってしまいました。
テレビを消すと、水道のぽたぽたという音だけが聞こえます。
深夜は静かでいいですねー。さて、最新の鎌田慧さんの本でも…
と思っているときにまた、思い出しました。
だめだなぁ。怖くて寝れない。よし、ブログに書いてしまおう。

というわけで、またまた霊感彼氏の話です。
彼はすごく不思議なものをたくさん見る人でした。
怖かった思い出はたくさんありますが…夏の夜にこんなこともあったなぁ。
彼と後輩、くさつきと3人は飲み会の買出しに行き、
帰り道、踏み切りで遮断機が上がるのを待っていたんです。
そしたら、後輩が「霊なんかいないですよね」という話をふってきたんです。
くさつきはなんか適当にうなずいてたんですけど彼はしばらくして
「もう、それ以上その話しないで」といいました。後輩はビックリしたみたいで、
その後の飲み会でもちょっと気まずかったです。
でも後で聞くと、案の定…「あのさ、遮断機の向こうにさいたんだ」
だれが?「うん…だからあの。見なかった?」くさつきには無人に見えたけど…?
「そっか。やっぱりあの女の子、死んでたんだ」
ひぃぃ!
という話なんかがありました。油断ならん彼氏です。

さて、この彼も問題でしたが、それ以上に大学にも問題がありました。
彼とくさつきの通うR大学、その敷地内にある伝統的男子寮、S寮。
そこはもうそれはそれは出ることで有名でした。
3食付、電気水道込みで当時月22000?位だったかな?激安で寮生は多かったですね。
でも、6人部屋でプライベートは遮光カーテンのついた
ベッドの範囲だけ隠せる程度…という辛い条件もついていました。

ところで、くさつきこの寮に何度も忍び込みました。
何せ血気盛んな20歳。何でもやります。で、隠れて彼のベッドで寝てたりしたんですけど
はじめて忍び込んだとき「隣の部屋だけは入っちゃだめだよ。いくらくさつきでも
だめ」といわれました。何?隣の部屋なんかあるの?
「うん。見なかった人はいないというくらいの、伝説の部屋なの」と教えられました。
話によると、そこで寝ると必ず見るという話で、その部屋の寮生まで毎晩他の部屋のベッドで
寝ているという始末。
「でも、オレこの前うっかり寝ちゃったんだよなー」
あ、そうなの?あんたのことだからみたんでしょ?
「うん」

話によると、彼は寮生に飲まされて、酔っ払って自分の部屋に帰るつもりが隣の部屋に
入ってしまったらしいです。午前に差し掛かった頃、彼はベッドの上で目を覚ましました。
あれ…?これオレのベッドとなんか違うな。そう思ったときです。
ベッドの壁にさしてあった画鋲が飛んだそうです。ちゃんとさしてあったのに
ぽーん、とはじかれたように立て続けに2つ。ビックリしたそうです。
「そのとき、もうやばいってわかったんだ。でも、絶対ベッドから出ちゃいけないと思った」
カーテンを開けちゃいけない。絶対あけるもんか!
彼は閉じている遮光カーテンの方を向いてじっと固まっていました。
その時間は何時間にも感じられたそうです。
ある一点から目を離せなかったんです…
カーテンの隙間から見えていたのは
月明かりで青白い部屋と、長い白いスカート、きれいな白い足でした。
やがて彼は気を失い、朝になっていたそうです。

さすがにこの話はくさつきでも凍りました。
絶対あんたそこいっちゃだめー!早く寮でなさいー!!と怒鳴ったのはいうまでもありません。
「でも、安いし。それに慣れてしまえば彼らも気にならなくなるよ。
いたら気持ち悪いけど仕方ないかなって。虫と同じだね。あ、入ってきちゃったんだーって」

あほー!!そんなの言ってる場合かー!!
この人並みはずれた経験を持つ割に能天気な彼…当時のくさつきには理解しがたい人でした。

霊感彼氏①-怖いのだめな人!(江別の人も)飛ばしてください-

あ…20時かぁ。
ちょっとうたたねしてました。ご飯も食べ、ぼーっとしていると
なぜか、昔付き合った彼のことを思い出しました。
センチメンタルではないですよ?その彼、むちゃくちゃ
霊感があったんです!困ったちゃんです。

くさつき20歳。問題の彼、23歳。
彼とくさつきは北海道江別市のR大学というところに通っていました。
彼は、学内の寮にいて草月は大麻の駅前に一人暮らしでので、
彼は週3日ほどは、寮を抜け出して草月のおうちに泊りに来てました。
寮を抜け出すのは点呼の関係で23時ごろで、いつも
道立図書館の前の道を通ってきていました。

ある晩、ドアを開けると、彼が青ざめて玄関にたってます。
何?と聞くと…
「みた」

自転車に乗って、私のうちをいつものように目指していた彼。
灯りの乏しい道立図書館の道を走っていると
向こうから、大きな布の肩掛けカバン、黒っぽいズボン、
ワイシャツを来た人が歩いてくるらしいです。髪は短髪。
男の人です。学生服?のような風貌にに見えたそうです。

「なんか古臭い格好だなぁ」と思いながら
彼とその人はすれ違いました。
その2,3秒後。

「あの人、死んでる」
彼は即座にそう感じたらしいです。霊感が強すぎて普通の人のように
見えることも多いらしいのですが、彼曰く「近づいたらわかる」もののようです。
その時、彼はなぜか自転車を降りて止まってしまったのです。

それで、どうしたの?
「うん…怖かったけど、もしかして勘違いかも?生きてる人かもと
思って振り返った」
そしたら?
「うん…あの人…暗がりの中で立ち止まってこっちを見て…
口が笑ってた…それで…消えた」

ぎゃー!!!連れてきてないでしょうねー!!
「それは大丈夫。くさつきは霊に異様に嫌われるタイプだから」
いやいやいやいや!!


というわけです。
その時の彼もそうですが、くさつきは霊感の強い友人がたくさんいました。
でもくさつき自身は寺の関係者に見てもらっても

「霊感…というか。あなたはすごくリアリストなんだろうね。霊を
信じてないの。もともとの体質もそうだけど…あなたが歩いた後は
白っぽい光が帯みたいになってみえるよ?霊ならあなたの後について
あるくのはいやだろうね」

といわれました。そう…この体質のせいで霊を見ちゃう人には重宝され
大学のころはなんとかスポットで先頭を歩かされることが多かったです。
この23歳の彼…また、思い出した時に書こうと思います。
怖かったら読み飛ばしてください。
ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。