スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟の瞬間を歌う高校生-がんばれ人生の開拓者-

昨年、くさつきは編集プロダクションで仕事してました。
毎日遅くて、くさつきの人生はこうやっておわるのかのぉなんて
悲観的になっていた時期も有りました。
ある、むしむしする夏の夜。寝付けなくてテレビをつけたんです。
音楽甲子園かぁ…へえ…
くさつきの脳は死にかけてました。あー…あのコピーどうしよー…
ぼー…

テレビに映っていたのは音楽甲子園、東北ブロックの予選。
高校生バンドなんかが一生懸命歌っていました。
くさつきの高校生の時は…あー思い出したくない。

あれ?
すごーく地味な子がピアノで弾き語りをしてたんです。明らかに周りと
は違い、まあ浮いてます。でも、その子の歌詞を聴いて高校生は泣いていました。
彼女の名前は日食なつこ。その歌詞が素晴らしかったんです。

※音量注意です
日食なつこ “開拓者”


一般的に普通1分で歩く距離を、 3分4分かけて歩いてく人がいる。
1歩踏み出すたびに、その意味を考える。
…いずれあたしも死んでいく。死に方はきっと選べない。
だから生き方を選びましょ。前例がないような奇抜なのを。
…隙間という隙間に可能性を立てる開拓者


彼女を歌を聴いて、高校生が泣く理由がわかった気がします。
高校生の頃って、必死なんです。
だんだん仲間同士でいつまでもいられないということがわかってきて
自分ひとりで立つ時期を迎える。
あのときの覚悟って、今思えば「なんだ、あんなこと」と思うけど
でもその時は必死で。それは決死の覚悟だったと思うんです。

友達がいなくても、自分の歌を一人で歌うと決めた高校生。
仲間がいなくても、自分の選んだ職を貫こうと決めた社会人。
人生の中の覚悟って、そんな風に迎えるときは気持ちとして
似てると思いませんか?

その時は死ぬ気の覚悟。新しい世界に飛び込んでいくのは
こういう気持ちなんだなと思います。
だから、日食なつこの歌を聴いて高校生たちはこれから
はじまる自分の人生を重ねて泣くのだと思いました。
彼女の歌は、その瞬間をきれいに切り取り
彼女自身の覚悟を叫んだからこそ、支持されたと思います。

日食なつこが、あれ以来どうしているか知らないです。
ただ、ネットで見る限りでは東北地区で有名になってきたようです。
くさつきは、この歌以外知りませんが
こういうことを言葉にする彼女は、きっと好きだと思います。
会って話をしてみたい人です。



スポンサーサイト

女王様という病‐椎名林檎、歌舞伎町の女王‐

草月は、10年ほど前から時代を映す人たちの歌詞を見るのが好きになりました。
尾崎、浜崎、そのほかにも鬼束などなど・・・青年の心をつかんで離しません。
彼女たちの歌は、どうしてこんなにも魅力的なんでしょう
まさに時代の中の女王様たちです。

JR新宿駅の東口をでたら 
そこはあたしの庭 大遊戯場歌舞伎町

この前、椎名林檎をひさびさにテレビで見ました。歌っていたのは「歌舞伎町の女王」。
彼女は、女性からの支持率が高いみたいです。前の職場でも大人気でした。
(※ここからは、一つの意見として聞いてください。
カテゴリ:時代のおおきな渦の中でも書いてます)
みなさま、時代を映す女王様たちの特徴って…どう感じます?
草月は、時代の病を宿している人と感じています。


椎名林檎が生涯こだわる歌は、「歌舞伎町の女王」。
この歌は彼女自身のことのようです。 (歌詞は検索ですぐ出てきます)
15の時に、歌舞伎町の女王様的存在である自分の母が、男と逃げる。
その後、椎名林檎は自分をの生き方を決めた…。そういう感じの歌詞です。
彼女は、逃げた母をどう思ったんでしょうか。

草月は、この歌の最後の一行に女王になる素質がすべて叩き込まれていると思います。
(あくまで草月の感想です)
「今夜からはこの町で、娘のあたしが女王」
母が嫌なら、違う道を歩めばよかった。忘れることで彼女は幸せになれたかもしれない。
(少なくとも、草月ならそうしたと思います)
でも、彼女の答えは違います。
椎名林檎はなぜか、母の生き方を否定しないんです。
本当は母が好きで一緒にいたかったんでしょうか?あこがれがあったんでしょうか?
結局、母と同じ道を選んで、歌舞伎町へ行くことを決めます。
草月には、彼女は歌うことで、自分の過去やコンプレックス、母や逃げられない何かへの
気持ちと戦い続けているようにみえるんです。
この戦いこそが、教祖様の証。自分の気持ちと向き合い戦いを表現する、病を写す女王様。


一方で彼女のアートや歌から幸せな歌詞が混じっていることも感じます。
すごく自由なかわいい歌詞もあって、歌うことはとても好きなんだなぁ・・・と
応援したくなる気持ちにもなります。


やっぱり女王様のひとりなんだろうな。


音楽は聴く人、読む人

草月が知る限り、音楽が好きな人は2タイプいます。
曲のメロディーが好きな人、歌詞の意味が好きな人です。
草月は後者です。
歌詞の意味を考えてしまう人なんです。
音より、言葉です。まあ書く人間なのでそうなのかもしれません。

昔、音楽はあまり聞きませんでした。
大学生のころ、「鬼束ちひろ」というアーティストを聞いて
びっくりし、それ以来音楽が好きになりました。
大学生の時に聞いた彼女の歌詞は、草月には衝撃的でした。

「心を殴り倒して、何がわかるというの どうやって楽になればいい?」

と当時20歳の彼女ははっきり自分の気持ちを歌っていたのです(edgeという曲でした)。
草月は同い年でした。
大学生のころの草月は、まわりとは合わないと思いながら、みんなに
合わせて生きていくのが息苦しいと思っていました。毎日が変な感じでした。
勉強も、友達も、彼氏も将来もも何かが限界だと感じながら、
一生懸命あわせようとするそんな時期ってありますよね。
そんな時に同い年の人間がはっきりと「心を殴り倒して」とうたっている…
ショックです。草月は、はっきり「自分の心はもう限界です」と言えませんでした。
自分の心を表現する、言うという勇気と表現する技術。
20歳の草月には考えられませんでした。

それ以来歌詞をよく聞くようになりました。
歌詞っていうのは本当に不思議です。約4分の間にたくさんのことを語ります。


あれから、4分間の世界に引き込まれてしまってます。



ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。