スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逢魔ヶ時③-儚き栄華、オタモイ遊園地跡-

昭和初期ってどんな感じだったんだろう
龍宮閣からさらに先に進みます。オタモイ地蔵尊を祀る漁村があったはず…
さらに獣道を進み、最後のトンネルを抜けます。
あ、こんなところにもお地蔵さまが。
A:「・・・・」 
どうしたの?

赤い鳥居、真っ赤な神社の横を通り過ぎ…
ついた。ここだ。
オタモイ地蔵堂
たった一人でおじさんが住んでいるそうです。すごく小さい断崖絶壁の漁村。

下に見える海はきれいで、ここには誰も来ていないことがわかります。
きれいな海
それにしても、高いなぁ。この崖。

ここから龍宮閣が見えるんだね。
DSCN1500.jpg
すごい切り立った場所につくったもんだね。
あ、誰かいる。
龍宮閣ガ見える
龍宮閣の足場もはっきり見える…


ニシン漁の道具がある。もう、使っていないね。
ニシン漁の後
前に来た時は使っている形跡があったけどな。

オタモイには子授かり地蔵尊が祀ってあります。
聞いた話では、その昔積丹半島の一部は漁をする場で女人禁制でした。
でもある女性が男を追って来ました。すると時化にあい、船は転覆。
その後も別の女性ががやはり男を追って小樽の漁場へ船でやってきます。そして、時化。
女は自ら海へ身を投げた(突き落とされたと思います)。嘘のように時化は止んだのですが、
女性は身ごもっていた…。その後、オタモイ海岸の奥に地蔵堂が建ちました。
かなしいねぇ。

夕日がきれい
夕日がきれいだね。

A:「くさつき、もうだめだ。行こう!」
どうしたの?

続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。