スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗がりで足拍子②-1997年夏、早く大人になりたかった-

1997年、8月26日。
この日は文化祭の用意で登校する日でした。
彼の状態がひどいので、くさつきはアパートでじーっと
していました。もうずいぶん学校にいってないかも。
2年生に進級してから、欠席がふえたなぁ…

ベランダに閉じ込められた日、
彼はしばらくして泣きながら謝って
「俺がんばって働く。高校卒業するまでまつ」といいました。
次の日、彼は就職活動をするためのスーツを寝室に出して
いました。でも何日たっても彼はバイトにも行かず、ベッドから出ようとしない。
就職活動をしている様子もありませんでした。
しかたないので、くさつきも一緒にベッドで寝ていました。

夕方。
あー、もう夕暮れだな。帰らないと。
横には彼の寝顔がありました。男の人って体温高いなぁ…
気持ちいいんだよね。こうしてると。
でも、こんなことずっと続くんだろうか?
くさつきはベッドから彼のスーツを眺めていました。
このスーツ、きっと着ないんだろうな。 

・・・別れよう。突如そう思いました。
傷を埋めあうような関係つづけてもだめだ。でも、彼が
いなくなったら私、どうなるんだろう。
いいか、どうにもならないなんて今に始まったことじゃない。
それより、どんなことされても黙って笑っているわたしがもう嫌。
彼といると楽しいなんて、もう嘘だ。こんなに彼からもらった傷が…
嫌に決まってんだろ!

ぶちっ

うちに帰ろう。居場所がなくったって、嘘ついて彼と居続けるよりはいい。
あ、そうだ。出て行くにも制服がないんだ。
(黙って出て行くのを防ぐため、彼に隠されてました)
彼が寝ているうちに探さないと…。ゴソゴソ スカートない!どうしよう…
彼が起きちゃう。仕方ない。制服のブラウスだけ着て、下は彼のズボンを
はきました(ベルトすれば履けた)。
鞄…あ、ぺったんこだ。中身なんにも入ってない!捨てられたか…
定期と財布がテレビの上にある。帰れる!

うーんと、あとは…あ、起きちゃう!
玄関から出ようとしました。しかし…みなさん、覚えていますか?
90年代のアパートは、おもーい扉が多かったですよね。ガチャンとか
すごい音で閉まるあれです。これじゃあ、彼が起きちゃう…うーんと。
くさつきは、なんと台所の窓から出ました。靴の後がくっきりついちゃったけど…
ごめん。さようなら!(←この頃から飛び出し癖があったのか?)
でも、何分か後。また、窓から侵入するくさつきの姿がありました。

くさつき、お前は勝手だね。嫌なことから逃げて、人に頼って、
影に隠れて自分に火の粉がこないように必死になってる。
自分の立ち位置だけを心配して、傷か出来たら人に埋めてもらおうとしてる。
ちゃんと彼と向き合って、しっかりしろといってやればよかったんだ。
自分のことばっかり考えてそうしなかったんじゃないか。
人と向き合うのを避けて、自分も他人もいつも泥沼にしてきた。


彼は、まだ寝てる…。
鞄の中には…ノートもないか。全部捨てられてるんだもんね。
ゴミ袋開けたら絶対起きるな。…シャーペンが机の上にある。
くさつきは、彼のコタツ机に手紙を書きました。
自分の甘えと弱さも、この状況をつくった原因です。
ごめんなさい、別れてください。
(本当はもっと長かったけど忘れました)
彼から借りていた時計を机の上に置きました。

もう一度小さな窓から出ました。学校に行こう。体育のジャージがあるから、
それに着替えて家に帰ろう。
関大前の駅まで走って5分。彼が気づいて追いかけてきたらどうしよう。
早く、早く、電車早く!
乗っても安心できません。彼が乗っていたらどうしよう。
6駅、数えました。怖いのと、もう彼に会えないのと、そして自分が
これからいいわけしないで生きようと思ったことと気持ちはごちゃごちゃ
になって、泣きながら心の中で数えました。

誰もいない学校について、ジャージに着替えました。
そして彼のズボンを脱いで、紙袋に入れ帰りの公園で捨てました。
その時すごく世界の色が違って見えたんです。初めて、自分で
自分のことを反省し、自分で行動したからかも。(←でもずっと泣きっぱなし)
もうすぐ夜になるなぁ・・・。


もし、この日、16歳のくさつきに話しかけられるなら…
ちゃんと選択してよかったねぇ。いや、反省できてよかったね。
だけど、書いていて本当に嫌になるよ。なんて勝手でなんて無責任な
16歳の自分。彼がその後どうなったか知ってるかい?(←後で知る)

ところで、くさつきちゃんこれでがんばれると思ってるみたいだけど
もっとすごいことがこの後、いっぱい起こるから。
少なくともあと2年くらいはいいわけと独りよがりで孤独。
愛想笑いを止めたら、急にわらえなくなる。
腹の底から笑えるまで後何年もかかるよ。
ペンを握って文を書くまであと10年あるし。ずっと自分を探し続けるよ。

それでも、この日は草月愛弓になるまでの人生に
絶対必要な日だった。振り返って、反省して、腹の底から
声出して、やっと大人になろうとする。

高校生はいいわね~。
そうかな。あの時はあの時。精一杯生きてて苦しい時間もたくさんある。
当事者達には毎日が大人への選択の連続。 

そんな一面も予想しながら、彼・彼女ら
に接していってあげたいなと思います。
スポンサーサイト

テーマ : フリーで独身的な発想
ジャンル : 独身・フリー

ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。