FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついでに北大図書館めぐり

あついあつい。理学部から出て、さてどこいくんだっけな。
工学部近く
暑くて何するか忘れてしまう…。そして夏はすぐここに来ちゃうんです。
工学部近くの池です。カモいっぱい、噴水で涼しい。

お、こいこいカモ。
すいすいカモ?
近づくだけ近づいて逃げていく…。すいすいっ

あ、思い出した。図書館にいってもう一冊借りようと思ってたんだった!
いこいこ。
裏道
うーん。棟の間にあるこういう裏道もいいんですよね。広くて緑が多くて
涼しいー。小さい人口の川もあって、いろんな人が涼んでいます。

南門近くにあります。これが本館で、一般開放しています。
北大図書館
ほかにも付属図書館や研究図書館が17あります。
何万冊あるのかは知りません…。とにかくめちゃくちゃあります。


図書館の前には、小川や広場があり、幼稚園や小学生が
良く遊びに来ています。そしてここにも…北大はカモ天国ですね。
図書館前
大学生も、キャッチボールなんかで楽しんだりしてます。
くさつきはよくここで昼寝してました。
北大は普通の人が入れる場所が結構あるんですよ。
図書館も、理学部博物館(子どもも入れます)、食堂、生協
、広場、噴水などなど。結構誰でもたのしめます。

さて、いくか。
2階から入ります。1階はロビーになっていて、北大のあゆみとかが
展示されています。2階入口。
図書館入口
一般の人も結構います。ぬるーいクーラーが効いていて涼しいです。

本を探しているというと「これは書庫ですね」といわれました。
書庫…そうかぁ。書庫は図書館の裏にある倉庫みたいなところで
教員か院生しか入れません。(←院生でした)
じゃあ、とりに行くかな。懐かしいなぁ…
書庫
むかーし誰かにもらった写真ですね、これ。
こういう本棚がいくつもいくつもひしめき合っていて、
地下から6階まで続いています。階は和雑誌や学術論文、
洋書まで様々なエリアに分かれています。
図書館は何も変らないです。

くさつきはあの奥の机に一日中座っていました。

院生になったころ、大学でサボっていたこと、
いきなり北大に入ってどうしようと思ったこと
もろもろが積もり積もってプレッシャーに押され一人、図書館にこもっていました。
よくここで居眠りもしました。床で寝そべって寝てしまったことも…
でも、きっと研究者になるんだと思っていたので、がんばっていました。

もう何年たったんだろう…くさつきは、学問の世界から
出てしまってよかったんだろうか?あの頃の自分が今の私を見たら、
ちゃんと納得するかな。許せない、というだろうか?

と、ちょっとセンチメンタルになっていたくせに…
帰り道のヨドバシカメラ。
ガチャッガチャガチャ。ガコン
やったー当てたぞー。
DSCN0716.jpg
3匹目、3匹目。これ、カエルフィギュアのガチャガチャです(ストラップとマグネット)。
(ホタルのフィギュア専用もありました)
江別市の使われなくなった地域通貨にカエルマグネットをくっつけて…
鞄からぶらぶら。(←満足)
カエル珈琲にいって自慢しよう。うくくく。

こんなくさつき、研究者目指してた頃のくさつきが見て…
ま、何もいわないでしょうね。
だって、こういうとこは何にも変ってないもん。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

北大いいな~

北大やっぱりいいですね~。
私もくさつきさんの半分も頭がよければ入れただろうに。
(受験すら断られた、悲しい共通一次)

来週家族で帰省する際に、札幌で4時間ほど時間が空くので、
北大でも見ようかな~と思ったら、
息子が北大に行きたがったら困るから(一人暮らしは金がかかる)
見せたくないと夫が言う始末。
まぁそれだけ魅力的だということで。

行けるかどうかわかりませんが、お奨めの昼食処でもあれば
教えてもらえるとうれしいです。

北大ステキね。

これまで旧帝大で行ったことがあるのは、
東北大と東大と京大と九大。
あ、もちろん そんなにたくさん通ってた訳じゃないよ。

北大は行ったことないな~
(北海道に行ったことない・・って既に白状してたけど)

で、
ナナメ読みで本当に申し訳ない。(どっかに書いてあった?)
くさつきさん、何の研究者になろうとしてたの?

え? ヒミツかな?
私も、何に失望して研究職ではなくて
この道を来たのかって、この頃思い起こすことが
多くてね~
これから、どこへ行こうとしてるか、考えちゃうよ。

No title

>あの頃の自分が今の私を見たら、ちゃんと納得するかな

この思いは何年経っても、忙しい日々に追われ遠い場所に来てしまっても
ハッと思い出すような気がします。これからも。

初心に帰るという意味では良い刺激になる。
でもあの時代に帰りたいとは思わない。
過去ばかり美化してもしょうがないですからね。

前に進みつつ、いつか重なる未来を夢見たいものです。(笑)

こんにちは

nekomocaさん、編集長、そらまめさん、こんにちは。
nekomocaさん、こっちにこられるんですねー。
おいしいお店ですか…うーん。
観光のネタになるのは「いろり」という真っ黒なラーメンでしょうか?
ただ、1000円のくせにちと少ないんですが…。
(札幌市中央区北五条西6 札幌センタービル B1F)
[月-金]11:00~20:15(L.O)[土]11:00~16:30(L.O)

あとは北大近くのスープカレーやさん、クレイジースパイスとか?
生ラムのスープカレーが珍しいです(札幌市北区北16条西5丁目1-22 KWビル1階)
11:30~23:00(ラストオーダー22:30)ランチタイム11:30~14:00(平日のみ)
辛さは0~40番までですが、お子さんは注意かな?

遊ぶなら北大植物園もいいですよ。とてもきれいで北海道っぽい感じです。
木の東屋とかすてきです。後は桑園競馬場。すごく札幌駅から歩いていけます。
競馬だけと思いきや、いろんなお店もあって入るだけなら100円。馬も見れるし、
広場もすごーく広いので近所のお年寄りや子どもがたくさん遊んでます。

おっと長くなった。編集長、くさつきは社会系の院生でしたよー。
それ以上はひみつです^^
院生では伝えられなかったことを伝えるために文章を書いてるんです。
今の自分を信じて、研究者ではできない表現を謳歌しましょうよ^^

そらまめさん
お久しぶりですね。中々お楽しみだったようでうらやましいです。
くさつきもビールのみたいです(サッポロ黒ラベル)。
一生悩むことは、一生わからないことかもしれないですねー。
そらまめさんのいうように、どこかで昔の自分と重なることができたらいいですね^^
ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。