FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逢魔ヶ時④-オタモイ遊園地跡。怖いのダメな人、見ないでください-

A:「くさつき、もうだめだ!行こう!」
どうしたの?
A:「日が暮れる!」
まだ暗くないよ?
A:「暗くなる前の方が危ない」
どうして?

とにかく彼がせかすので戻ることにしました。
あー…もうこれないかもしれないなぁ。
そう思いながらお地蔵様の前を横切った時です。
…?
誰かいる?
振り向いても誰もいません。

A:「はやく!」
Aはどんどん急かしてきます。
わかった、わかったよー。
早く帰ろう
元きた道を戻ります。すごい虫…夕方だからかな。羽音がすごいね。
ヴーンヴーン…挿されるのはやだなぁ。
あ、赤い神社。もうこないから写真撮っとこう。

A:「急いで!」
わかったわかった。と、くさつきが前、後ろに彼がついて歩きます。
そして、龍宮閣の前の洞窟まで来た時…なんだあれ。
なんだあれ・・・
夕日はきれいでした。海岸は嘘のように静まり返って…
ただ、その洞窟を覗いては素晴らしく美しい景色でした。
なんで…あそこあんなに暗いの?明るさがさっきと全然違う…
それにどうして水が落ちる音が聞こえる…?
「くさつき!」
はい!!
「写真はだめだ!絶対振り向かないで早足で歩いて!
それから落し物をしちゃだめだ!何かを拾ってもダメだ!」
はい!

出来るだけ早足で歩きました。お地蔵様の前に来た時、
なんだこの感じ…なんの気配だろう…?
洞窟がなんだか長く見える。いや、もうとにかく通り抜けよう!
走るくさつき。彼は後ろから来ているんだろうか…?
足音が自分のものしか聞こえない。
洞窟には出口付近に小さなくぼみがありました。
こわい…!こわい、そこは見ちゃだめだ!!
横目でしか見えませんでしたが、くぼみは真っ黒でした。

通り抜けました。彼の足音は後ろから…ついてきている。
よかった。ヴーンヴーン…虫がすごいなぁ…。
帽子を被っているから見えないけど、すごいいっぱいなんだろうな。
…最後の洞窟の前まで来た。あ、もう大丈夫そうだな。変な気配は消えた。
あ、もう暗い。
夜になる!
写真を撮ろうとしたら…あれ?地震?
いや、違う。カメラの画面が揺れている…何これ。
手ぶれじゃない…
「くさつき、まだ写真はだめだ!早く歩け!」
後ろから声がする。

後はもう夢中で走りました。
ぬかるみの道、手すりのない道で急に風が吹いたのを覚えています。
あ、危ない!はぁ~…死ぬとこだった。
「早く!」


続きます。

スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。