FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪が伸びるお菊人形ツアー-万字炭鉱の町に行ってみようー

「ねえ。髪が伸びるお菊人形って見たことある?」
と、電話で開口一番恐ろしいことをいう友人。「北海道に本物があるよー」
と、いきなり平日の夕方から怪奇ツアーに出かけることになりました。
お菊人形って伝説だと思ってたけど。
「これ、北海道の話なんだよ。知らなかったの?」

この人形の正体は、ある兄妹の話だそうです。
大正7年に、妹・菊子さんのために兄が狸小路(ススキノ近く)で買った人形。
菊子は人形を可愛がっていたけれど病弱のため、3歳で亡くなった。
菊子と一緒にお棺に入れるはずだった人形は、入れるのを忘れたので仏壇にまつりました。
すると髪は伸び始め…兄は樺太に行く事になったので寺で供養される事になったそうです。

北海道の話だと思わなかったなぁ。
「でしょー。万字にあるんだよ。万念寺っていうところだよ」

万字(岩見沢市)は夕張に隣接するかつての炭鉱町。夕張で事業を展開していた
北海道炭礦汽船株式会社(通称北炭)が朝吹家の家紋「卍」をとって万字炭鉱と命名し
操業するためにひらかれた町。でも出水量が多く炭鉱はなんども水没し、閉山されました。
しかし、人がいなくなりつつある炭鉱のまちって、静かだねぇ…
万字まちなみ

ねこ?
なんか、ねこいっぱいいる… 「ほんとだ。なんでだろ」

ここがそうだねー。
お菊人形万年寺
万念寺:岩見沢市栗沢町万字幸町

早速中に…お堂は結構広いね。と…正面に早々とお菊人形発見「無断撮影禁止」。
なんか古い人形だね…本当だ。前の写真と比べて髪、伸びてる。超ロング。
「結構迫力あるね。顔の汚れ具合とかさ」 うーん…生々しい。
この時代の人形は本当に人の髪の毛を使っていたそうです。
薄暗い、夕方の寺で髪がのびる人形と向かい合ってると…なんだか人形の
目まで光って見えてきた。お菊ちゃんはまだここにいるのかなぁ。

「ありゃ。なんで源義経の襖絵があるの?」 あ、本当だ。弁慶だね。
北海道には結構義経の絵やお話が残されています。逃亡劇に便乗したのかな。

せっかくだからさ、ほかも見てまわりたい。「えー。もう暗いよ」
あ、あれが今のまちの拠点かぁ。
駅とか郵便局とか
簡易郵便局だね。ん?もしかしてこの形は…「ちょっとどこ行くの!」

あ、やっぱり。
万字駅あと
郵便局の裏側に無理やりまわると、プラットホームらしきものが見えました。
ここ、駅だったんだよ。昔はここから汽車に乗って炭鉱まで出勤してたんだね。

あ、これは小学校だね。廃校か…草が生い茂っていて入れない。「入る気なの!?」
小学校
草をわけて進むくさつき。でも、余りにも足場が悪く断念。「やめなよー」

あれみて。
小学校校章
あの校章。石炭をあらわしているよ。「なんであの形が石炭なの?」
石炭はもともと、黒いダイヤって呼ばれてた。足から金がこぼれるくらい儲かった。
コークスっていう鉄をつくる時の原料になるから。発展途上や開拓、開発の時期には
死ぬほど売れたんだよ。今、中国が欲しがってるじゃない。

「でも、炭鉱産業って100年で終わったんだもんねぇ」
そうだね。北海道の開拓の歴史は、本当に激動で刹那的。
やばい!もう夜になるよ(オタモイのことがあったので気をつけている)
帰ろ!でも、またこよ。

「えー!またくるの?何しにー!」
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

出たー

怖いやつ~
くさつきさん、こういうの反応しすぎ。
でもついつい喜んじゃった。^^

人形は撮影禁止だったんですね。ちょっとほっとしたような…
暗くなる前に帰ってくれてよかったです。
オタモイのはホントにゾッとしたから。。。

寂れた炭鉱町にネコ…
まさに激動で刹那的な町の歴史を思うと
とってもやりきれない気持ちになりますね。

そうそう忘れてました。
おうちカレーが、すっごく美味しそうだったので明日はカレーにします。

No title

またまた逢う魔が刻に向かってミステリーツアーですか(笑)?

お菊人形の話が北海道発だったとは知りませんでした。
駅を改装した郵便局とか、廃校になった小学校とか。

コワさを盛り上げる要素満載ですw



お菊人形と似たような話があります。
母の友人宅に、髪が伸びるお人形があったそうです。

見てきた母が、興奮して喋りまくっていたのを思い出しました。


ちなみに、うちの晩ごはん、昨日はカレーでした(笑)

No title

そうなんですよね、炭鉱業は昔は花形産業だったんですよね。
地域の住民の皆さんはうまく言葉でいい表わせませんが
閉山の際はつらいお気持ちだったと思いますね。

当時の日本は決して豊かではなかったかも知れませんが
同じ職場の仲間と力を合わせて、明るい未来を夢見て、
仕事を頑張ってらっしゃったと思います。
すごくいい時代だったと思います。

何か昭和の時代に忘れてきた『本当の幸せ』ってあるような
気がしますね。

ところで、くさつきさん冒険家ですね(笑)

こんにちは

nekomocaさん、龍姫さん、VARAKIVさん
こんにちは。訪問、コメントありがとう^^

nekomocaさん>
こんにちは^^ なかなかお菊人形は
迫力がありました。テレビで何度か出ているらしいです。
画像検索でも見れますよ^^
しかし、こんなところにあるなんてねぇ…
炭鉱のまちにはなぜかたくさんねこがいるんです。イヌよりネコです。
なんでだろう? 寂れてもネコはあの町が好きなんでしょうか。
子猫もたくさんいました。
カレー、ありがとうございます^^ 
お家カレーって外食よりすきです。


龍姫さん>
こんにちは。逢魔ヶ時にはもういきませんよ~。怖いので^^
炭鉱はいろんな要素満載ですよ。産業あり、歴史あり、技術あり、
心霊あり。それにしても、龍姫さんのお母さんのみたお人形も気になります。
髪の毛が伸びる、といえばお菊人形ですがきっと他にもたくさんあるんだろうなぁ。
カレーもいいですが、龍姫さんのお家のおやつも素敵です^^
やっぱりお子さんいると、おやつも一味違いますねー(←チロルチョコ定番)

VARAKIVさん>
こんにちは。そういえば、熊本にも三池炭鉱の坑口がありましたね^^
三井鉱山万田坑。炭鉱の神様も熊本にいたような…ちょっとうろ覚えなんですが、
滝のような場所に祀られてなかったかな? うーん^^;
北海道は100年の夢でしたが、本州の炭鉱は閉山時、
本当に大変だったでしょうね…
密度の濃い時代だったと思います^^


くさつき


No title

お菊人形って北海道でさらに万字炭坑だったんですか!(驚愕

炭坑跡地は色々考えます。
わたしの実家の方面は水銀が穫れる鉱山とか、金山もありましたが
いまはどこも閉山して、むかしは跡地も見えたんですけど
今は森になってしまって判らなくなってしまいました。

こんにちは

パルS田さんこんにちは。コメントありがとう。

そうなんです。万字なんですよー。一度いってみてください。
ご実家の近くに金山が!どこだろう…どきどき。
ブログみてます。ゆるキャラや、道内の面白い場所いろいろあって
参考になります。ぜひ、がんばってください^^

くさつき
ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。