FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おー!キノコ-近所で見かけるなぞの生命体-

キノコのニュース、今年はおおいですねー。
毒キノコが店頭で売られてたり…本当に種類多いので見分け方
難しいです。でも、こういう時こそ「まち博士」たちが大活躍です。
(カテゴリ:その話はおもしろい!に時々出てきます)

今日は、まちの人たちがキノコ博士にレクチャーされているところに遭遇。
どんな話をしているかちょっと聞いてみることに。

「せんせ、これこれ!取った時ね、もっと黄色かったのよ」
ウコン
キノコ先生:「これウコンだね」 え!あの漢方薬の?!
キノコ先生:「違うちがう。ウコンは色の名前だから。だけどこれおいしくないよ」

「せんせい、これはこれは?」
ホテイシメジ
キノコ先生:「これはホテイシメジ
ん?何それ。食べても大丈夫?
キノコ先生:「うん。これも食。豚汁や炒め物にあうんだな。だけど、
これは酒と一緒に食べると大変だ。炒めた時に酒を入れてもダメ。心臓が
弱い人は特にね。ドクドク脈打って二日酔いみたいになるよ。絶対ダメ」
へえー。不思議。
キノコ先生:「それに似たようなキノコでクロホテイシメジがある。これは
食べちゃダメ」
えー!難しそう。でも、このキノコいい匂いするね。おいしそうー…

キノコ先生:「お、これはフチドリツエタケだね」
フチドリツエダケ2
「このキノコは、かさが初めまんじゅう形なんだ。
表面に放射状のしわとぬめり。初め紫っぽい褐色で、後に淡褐色になる。
ひだに紫褐色のふちどり。でも、若いときの方がフチドリがわかりやすい。
爺さんが持ってる杖みたいな柄でしょ。食べても大丈夫。匂いが独特だけど」
あっ…本当だ。なんか中国のお茶みたいな匂いがする。

「せんせ、これフーセンダケの仲間だと思うんだけど…」
チャナメツムダケ幼菌
キノコ先生:「いや、これはチャナメツムタケの幼菌。
食せるね。針葉樹生える。良く似たのにカキシメジという
毒キノコがあるけど、これはチャナメだね」

キノコ先生:「ほら、これが大きくなったチャナメ」
チャナメツムダケ
わ。かさってこんなにひらくの?
キノコ先生:「いや、ここまでくると成長しすぎだなぁ。あんまり
おいしくないかも。もう少しかさが下がっている時に食べるとおいしい。
できればね、小さいキノコを食べた方がいい。ここまでくると繁殖の
準備をしているからね」

キノコ先生:「さて、フーセンダケグループの見分け方だけど…
まずは幼菌で見分けること。大きくなりすぎると色も変るし
他との違いがあいまいになるから」
フーセンダケを見分けよう!
キノコ先生:「こうして並べてみるとわかるけど…」

あ、これがフーセンダケ?
フーセンダケ
キノコ先生:「そう。これがフーセンダケの仲間。調べないと特定ができないけど、
フーセンダケは、かさと柄の間にくもの巣みたいなふわふわの繊維をくっつけている。
幼菌の場合だけどね。これはかさと柄がくっついていたからなんだ。その
くっつき繊維がここに残っている」
へえー! え?フーセンダケの種類って食べれるの?
キノコ先生:「毒キノコが多いね」

へえー!!へえー!!
キノコ先生:「見分けが出来るようになるには時間がかかるんだよ。
それぞれの特徴や生物としての役割なんかを覚えてないと。
動植物の遺骸に生える腐生性の木材腐朽菌もあれば、
生きた根と共生が必要な菌根菌もいる。
昆虫に寄生する冬虫夏草菌だっているし、結構キノコ界は広いんだよ。
それにフーセンダケの性質みたいに、特性だってわかってないと。
よくわからないのは、素人判断で食べないことだね。ちゃんとそれなりの
人に聞くこと。写真じゃなくて実物をもっていくこと


いつも見て思うんだけど、先生の撮って来たキノコ写真すっごいきれいだよね。
図鑑みたい。私が撮ったキノコの写真なんかあんまりきれいじゃない。

キノコ先生「あはは。ここまでいろいろ見てるとキノコの方から呼ばれるからな。
おい、じいさんこっちだよって声が聞こえるから
行って見てみたらきれーいなキノコがいたりして」

先生、秋は大活躍だねー。
うっかりすると三途の川の渡し舟になってくれるキノコもいるそうです。

キノコは、免疫力をあげる効果もあり、食物繊維も豊富なので貴重な食材ですが、
熊がキノコ大好き!毒キノコもいっぱいある!まだまだ未知の世界!
なので、山に行く時はくれぐれもご注意を!(もうそろそろ季節終わるか)
スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕の子供の頃は、近所に雑木林や竹やぶもいっぱいあって
野草やキノコ、タケノコなんかも採り放題のワンダーランドでしたが
いつしか鉄条網が張られ、立ち入り禁止の札が立ち
それとともに、雑草だらけの詰まんない場所になって
気が付けば、ブルトーザーが入って住宅地…なんて
つまんない開発を繰り返してきた結果が今の日本なのでしょうね。

僕たちも、怪しげなキノコを採っては
近所の農家のおじさんの所へ「これ食べられる~?」と
見せに行ったものでしたが
紅天狗茸みたいな派手なのは別にして
本当に恐いのは「初茸」ソックリのヤツとか
「しめじ」ソックリのヤツ
僕たちも、危ないからキノコだけは
「食べられると思っても、絶対に取るな!」と
厳しく注意されていましたね。

関大前~千里山には、もう雑木林はないけれど
北海道にはまだ残ってるんですね。

ある意味「とても羨ましく」思います。

きのこ難しいです!

草月 愛弓さん、こんばんは。

先々週、オリエンテーリング(マイナー。磁石、地図持って歩く?)
といって、山の中をぶらぶらしてきたのですが、キノコ、クリが沢山
ありました。キノコは良く判らず、放置してきました。

北海道は自然が多くて楽しそう。
ブログいつも楽しんでいます。では。

No title

キノコの季節ですね^^

先生がいて、レクチャーしてくれるって素晴らしい!!

うちのあたりも山が近いのでねキノコはあるはずなんですが、何があるのかわからない;;

実家のほうは松茸山があり、イノシシ除けの、電気が通るフェンスや有刺鉄線が張り巡らされてました。

きのこ

こんにちわ。今年は一部の種類を除き「豊作」らしいです。
自宅に「北海道のキノコ」という本がありますが、どうやらキノコは1,000種ほどあるようです。どえりゃぁ多いわ。とっても覚え切れんよなー。確信の持てる見慣れたものだけ食べとこ。

きのこ難しいですね~

癌ダムさん、魚屋さん、龍姫さん、
kabocha-oyajiさん こんばんわ。
ご訪問、コメントありがとう^^

癌ダムさん>
関大前も昔はそんなのがあったんですね~。
初めて知りました。近所の人の思い出って
おもしろいですよね^^
きのこを教えてくれる人、昔はたくさんいたんだろうなぁ。
素敵ですね^^
子どもの頃っていろんなものがワンダーランドに見えますよね。
できたら、ワンダーランドは大人も知らない不思議の場所であってほしい。
ほんとうにそう思います。

魚屋さん>
こんにちは。やっぱりそういうイベントいってます?^^
実はくさつきも時々行きます。ただ、なんていうか…
よく迷子になるので山は気をつけています。きのこ、難しいですよね。
ぜんぜん見分けがつかない…全て同じに見えます。ただ、
キノコ先生たちに話を聞くとすごい魅力的な生き物に見えます。
一人で出かけたらただのバイ菌の大群に見えることもあるんですが…^^;

龍姫さん>
龍姫さん…はどこに住んでるんでしょうかww
大阪でもくさつきはかなり都会にいたので、イノシシは初めて聞きました。
でもこの前の昼前に泥酔するというお祭りとか…なんか楽しそうな
まちに住んでいますねww ほんとにどこにいるんだろ…

kabocha-oyajiさん>
こんにちは。今年は豊作だったみたいですねー。ボリボリがかなり
出てました。図鑑見てもなかなか覚えられないですよね。
くさつきもダメです^^;やっぱり知ってる人と一緒に歩くのが
一番見たいです。雨の日や雷の次の日に出てくるみたいだと
習ったので、来年は雨上がりの原生林でもあるいてみようかなw

くさつき

No title

こんにちは。
おぉ、、、キノコ狩りに行かれたのですね(^^)
今年は色々とキノコニュース、聞きますねぇ、、、。

父は山男だったので、秋にはたくさんのキノコ、採ってきてましたよ(^^)
たまに連れて行ってもらった事もありましたけど、
僕はサッパリわからないので、落葉きのこばかり探してました。

もうきのこの季節も終わりでしょうか?
そろそろ雪虫パラダイスかなぁ、、、なんて思いつつ(^^)
風邪ひかないように、お身体にご自愛くださいね♪

こんにちは

課長、こんにちは。
コメントありがとう^^

キノコ狩りは…いってないんですよ。
たまたま通りかかったらキノコ先生を囲んで
町の人たちがわぁわぁいってたので、何かな…?と
みたら取ったキノコの判定会でした。
ほんと、田舎ならではの光景ですね^^

お父さん山にいたんですか。海も近く、山もあり
課長の幼年期は楽しそうですねー^^
くさつきには落葉きのこさえ見分けつきませんけど…^^
それにすぐ迷子になるので、「一人で山に入っちゃダメ!」
と近所の人に忠告を受けています^^;

雪虫は結構出てきましたよー。勝手に車にひっついてくるので
結構気を使います。虫、つぶしちゃうのかわいそうです。
風邪は、課長こそご自愛くださいね~。

くさつき

No title

キノコ先生すごいな!Σ(゚ロ゚;)
なんかどれも似たようなのにしか見えないよ!多分山で見たら特に見分けがつかないと思う・・・
キノコ先生・・・
キノコ先生・・・って名前が素敵だ・・・☆
ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。