スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨夜の品定め帖-女ごころは複雑なの-

しまった!アップするの忘れてた。のぞきに来てくれた方々、
すいません…。しかも今日もまた写真整理が遅れています。
というわけで、また人と話した記憶に残る話をご披露…という
形になってしまいました。なんか、最近これ多くなってきた…
気をつけねば。でも、まだまだいっぱいあるんだよなぁ…。

女同士が酒の席でする話…それは本当にスゴイ。
くさつきは、あまり女性同士で飲まないんですが
(だって男と飲んだ方がたのしい)、それでもたまーに飲むと
あれあれと言う間にかなりジューシィな話になっていきます。
女っていうのは本当に恋愛に関しては哲学者であり、分析者。

これはずいぶん前になるんですが、草月が大学院生のころ(20代中盤)
仲よくしていた社会人院生Bさん(当時30代前半)と
Aさん(同じく院生40歳前半)と飲んでいた時のお話です。

彼女たちは非常に恋愛に関してオープンな人間で、「生きる活力はここにあり!」
というくらいの勢いでした。一方そんなに自分からは恋愛に積極的ではないくさつき。
(というか、恋愛に関してはかなり「疎い」といわれます…)
彼女たちと友達になった時は、いろいろびっくりすることがあったなぁ…

酒の席の話で詳しくは覚えてないんですが、
「くさつき、あんたは恋愛に疎い。ちゃんと男女関係を見てない」
と酔ったBさんに言われました。
は、はぁ…「そうだそうだ!」とヤジをいれるのはAさん。
2人とも恋愛話になると豪快でこわいー!(くさつきには中々入れない土俵)
「よし、教えてやろう。女の恋愛タイプは3つあるのよ!」
と、彼女の力説がはじまりました。

1.ドーパミンタイプ 
脳より子宮で恋するタイプ。相性を(体を含め)いち早く感覚で嗅ぎ取り、
子宮で落とすタイプ。惹かれるのは理性より女の本能よ!


2.ロマンスタイプ 

子宮より脳で恋するタイプ。
男の理知的なところや優しさなど、育まれてきた知性に惹かれるの。
友達タイプの夫婦もこれが多いんだって。

3.トラブルタイプ 
恋…というより男を人生の刺激として捉えるタイプ。
ちょっと周りと違った雰囲気や非日常的な雰囲気によわい。
そういう男を捕まえるもんだから暴力なんかのトラブルに巻き込まれる可能性も!
オラオラ営業や束縛男なんかに捕まるのはこのタイプが多い?


ふ、ふーん…まあなんとなくわかる、かな?
しかし、恋愛や身体のこととなるとなぜこんなに哲学的なんだ?
特にこの女は!「毎日の習慣とはたとえ髭剃りという他愛ないものでも
彼に哲学を与える」…とったのは誰だったかな。そんな感じです。


A:「くさつきは、ロマンスタイプよ!」
はい?
B:「ちがうわよ。意外とこのこブレーキ壊れてんのよ!」
…なんのブレーキ?
A:「恋愛するときにブレーキかかるのかって聞いてんのよ!」
か、かかる…いや!かからない? え…うーん。
B:「ちなみに私はドーパミンタイプ」
A:「わたしは、トラブルタイプだと思うわ」
…ここから逃げたい

好きになったらあんまりブレーキ効かないのかな?というのは
そうなんですけどね。ちなみに草月が好きになった人で1番
年が離れていたのは30歳上です。昔の話ですが。後にも先にもこの時だけ
だったと思います。
いや、好きになるっていうのは雷に打たれるのと一緒です。
避けようがないんです。大事なのはその後、自分がどういう行動を
するか、ですね。あっこういうのをドーパミンタイプっていうの?
むー…難しいですね。

話は戻って次は恋愛で使うテクニック。ああでもない
こうでもないといらない話を伝授されましたが、
「でも、テクニック使おうとして失敗している女もいるよね~」
という話になりました。

そこで、くさつきはまた思い出したのです。
大学時代、男に「わけのわからない恋愛テクニック?」を
使う変な女たちがいたことを…




つづきます。
スポンサーサイト

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

非公開コメント

ドーパミンタイプ??

いや、好きになるっていうのは雷に打たれるのと一緒です。
避けようがないんです。

…これって、トラブルタイプの
「典型的パターン」じゃありませんか?
ひょっとして…。いやひょっとしなくても。

No title

ねずみの名前はもうきまりましたか?わくわく

北海道は雪だそうで、こちらもコタツの恋しい季節になりました。


No title

こわひ(笑)
あけぼう、その酒の席無理だわ~ww
続き楽しみに待ってますw

ほぉ~。

こんばんは~☆

女の子同士で姫会~♪
恋愛に真剣に取り組んでますねっ!
ふじもとの飲み会は…ほとんどオッサン化してますよ(汗)
♀だけなのに、この違いはどこから…?

テクニックの『テ』の字もないですよっ♪
さしづめ、恋愛放棄タイプですねっ(爆)

なもんで、続きが気になっちゃいますよ~♪←片手に日本酒。

こんばんわ

癌ダムさん、あけぼう、ちゅんちゃんさん、
ふじもとりゅうさん、こんばんわ。
訪問、コメントありがとう^^

癌ダムさん>
そうか!わたし、トラブルタイプだ…!
そうかも…え、いやでも、うーん。普通だと
思うんですけど…??
好きになるのって仕方ないって、みんなそんな感じじゃ
ないんでしょうか??
くさつきは、まったく予想外の人も好きになったりするけど
みんなこの人かな?って考えながら好きになったり選んだり
できる…?! のかなぁ…??
ああ、恋愛の偏差値はたぶん低いんだろうな。これで人生
踏んだり蹴ったりなったりするのはまぁ…必然ってとこでしょうか^^;

あけぼう>
そうなのさ。この2人は豪傑でね~怖かったよw キャリアもあるしねー。
でも、これくらい豪快ではっきりモノをいわないと男社会でのし上がって
いくのは無理なの…かな?うん、たぶん無理。でも、話をすると意外と
やさしいし、おもしろいので彼女らと飲みに行くのは大好きでした^^

ちゅんちゃんさん>
こんばんわー^^ ネズミ、ネズミの名前は…
候補がいっぱいでててどれにしようか迷ってます。ふさお、まるお…?
モップ? 彼はどれがいいんでしょうか…?うーん…彼は何を考えて…
あ、何も考えてない顔ですね!これは。というわけで、このブログに
出てきたどれかの名前を近々つけられると思います^^;
関西は寒いですか?こちらは雪が降りました。最初の雪は
窓ガラスを叩くような強い風と一緒に来ました。今年は寒く
なるのかなぁ…コタツ、出そうかな。


ふじもとりゅうさん>
実はここで告白しますが、くさつきはあなたのことを
しばらーく「男性」だと思ってブログ読んでました。
ごめんなさい^^;
飲み会はおっさん化ですか。重症ですね~^^
Bさんにいわれたんですが、女の進化の過程としておばさんの次は
「おっさん」がまだあるから気をつけろと言われてました…
くさつきはまだ進化中ですが(そう信じたい)、ふじもとさんは
もしや最終形態ですか??いや、でもあんなにきれいな着物やお花を
みてるとおっさんとは思えないんだけどなぁ…
でも片手に日本酒もってブログ読んでちゃだめですよ~
Aさん思い出しますwww


くさつき
ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。