FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨夜の品定め帖③-粗にして野だが、否ではないアマゾネス-

さて、終盤は草月の就職の話題でした。彼女らはかなり
気にしてくれていましたので、「会社に入って気をつける男」。
働く女としてどう職場の男に向き合うか。
をなんとなく草月がレクチャーされています。


A:「ところで、くさつきは就職どうするの?」
うーむ…まだ決めかねとる(←この頃はライターのラの字もない)
B:「社会に出ると、たのしーよぉ。いろんな人がいて」
その言葉、どこまで信じていいのやら…

A:「草月に教えておいてあげるけどね。男って言うのは
  『プライド』の生き物なのよ。もちろん全部がとは言わないけど」
ふんふん。
A:「あんたは、会社はいると素で男のプライドをズタズタにする時がくるから。
  覚えておくといいよ」(←バツイチ子持ち、法人幹部)
 (あああ、今ならこの意味がわかります。連絡ください~)
B:「そうそう。大体だめな男ほど、プライド高いからね」
はぁ。
A:「あんた、若いけどたぶん仕事したら馬鹿にはなれない。
  絶対狙われる。同僚にも、馬鹿上司にも。幹部クラスに信頼を置ける人を
  何人か作っておいたほうがいい。後は何を言われても一生懸命仕事をやり
  なさい。辛くなったらその会社は辞めてもいい。何のためにその仕事をするのかを
  見つけるまでは、烏合の衆からは抜けれないから」

A:「馬鹿な男…中小企業の係長クラスくらいまでは結構生息してるよ~。
  馬鹿で何にもわからない女がすきなの。ただ笑ってるだけのね」
B:「そう。馬鹿な女(これもフリが多いらしい…女は計算高い)
  には優しいけど、馬鹿にしてるからね。心の中では何しても良いと思ってんの」

(草月は彼女たちの言う「馬鹿な女」馬鹿だとは感じないです。
処世術があって、自分自身の位置を決めたり納得したり、逆に尊敬する部分も
あるなぁと思います。草月もどちらかというと、
社会に認められたい『肉食系』に入るんだろうなぁ…)


A:「馬鹿男に好かれる様に振舞うのが楽だといったらそうなの。特に新人時代は。
  でも、それをやってしまうと仕事はおもしろくないし、出世しない」
B:「確かに」(←総合職、役職付)

A:「かといって、仕事で男を蹴散らしていけば、社会で認められるけど、
  男には『アマゾネス?』みたいな目で見られるしね~。男に媚売って
  笑っていれば自分を殺して生きているようでこれまた苦しい」

そんなもんなのかぁ…

じゃあ、どんな男なら大丈夫なの?
B「まず、第一段階としては節度のある男」
あ、それはわかる気がする…
A:「そうよ~。初対面から『あ、こいつは女だからちょっと位失礼なことしても
  大丈夫だろ』とか思ってる男ってすぐわかるよ。」
例えばどんなところで?
B:「近づいて、至近距離でしゃべる。仕事そっちのけで、隙あらば触ろうとする」
A:「私みたいに年とって役職があるやつなら、若いやつで失礼なやつもいる。
  近づいて『なんとかしてくださいよ~』って媚びてくるやつ。
  かわいくともなんともないんだけどね。まぁ、こっちもからかうけど」
うわぁ…
A:「普通に常識ある人なら、女であろうと馬鹿にしないからね。
  適度な距離感、客観的。聞き手に回る。注意は人のいないところ。
  部長とか幹部クラスでできる女を馬鹿にする会社はつぶれるよ」
B:「そうそう」

A:「それからね。ここが大事なんだけど。くさつき、あんたがこれから、
  仕事頑張ってどんどん馬鹿男を追い抜いていくでしょ。そしたら、すごい苛めをうけたり、
  嫌がらせされたりする。だけど、絶対に手を出しちゃだめ。黙って、耐えなさい。
  もし爆発して、馬鹿男たちのプライドをズタズタにしたら後が面倒くさい。
  仕事できなくて、プライドの高い男の恨みはこわいんだよー」

どうして?

A:「そういう人って視野が狭い人が多いから。会社しか居場所や
  やることがないのよ。あんたみたいに独り遊びを楽しめる人間じゃないの。
  だから、傷つけられたら恨んでる相手のことばかり考えちゃうの。
  常に隙あらば「揚げ足」とったり余計辛く当たってくる」

B:「人はね、言われなくても自分がどう扱われているかわかるの。
  そういう男は、『仕事できないでしょ』というのを常
  に会社の空気で伝えられてんのよ。自分が上がることができないから人を落とすの」
A:「こっちも大変だわ。仕事与えたはいいけど、できないなんて。
  ああいうやつは、与えるより取り上げるほうが大変なんだから
B:「そこに、若くて仕事できる、しかも女が来たらなおさら。自分のちっぽけな
  「先輩という地位」や「男と言う威圧」を前面に出してくるから。」

B:「自分を見失わないようにね。まぁ。あんたなら最初の2、3年で済むよ」


あの…2,3年で済んでないんですけど…。

今の日本社会は迷う女でいっぱいなんだね。
仕事できたら、社会で認められるしいろんな人とあえて面白い。
でも、会社で仕事を一生懸命やってることで「女」という条件で馬鹿にされたり、
いじめられたりしたら…?
会社で好きな人が自分より仕事できなかったら…?
女は「仕事ができるかどうか」で
男を好きになったり認めるんじゃない。

だから、好きな男に「男みたいだね」と帰り道でいわれるとちょっと悲しい。
「あいつ女の癖に、若いくせに」と陰口叩かれるとちょっと悲しい。

それにアマゾネスだって女で人間なんだ。「独りでも大丈夫だね」とか
「僕がいなくても平気だね」なんて仕事以外でいってほしくない。
仕事でも遊びでも、一人より二人の方がいい。


この話から何年たったのかなぁ…Aさん、Bさん、いろいろ勉強させてもらいました。
くさつきは、男ならアマゾネスでも好きになってくれる、
認めてくれる人を好きになると思います。(←思い通りいくかな?)

まだ少ないかもしれないけど、彼女たちが就職した時よりは
この考えに理解のある人がいるしね。

彼女たちは必死に男社会の中で生きて学んで、
ここにたどり着いた。
この話を失礼だと思う人はいるかもしれない。だけど、
くさつきは(今なら)、この話は彼女たちの悲痛な、出世の
苦労に聞こえる。くさつきは出世人じゃないけど、社会に出て
「女じゃなかったらあんな風に言われなくて済んだのに。
男の思うままに、馬鹿にされずに済んだのに」

そう何回も思った。この思いは殺意に近かった。男社会の
中で、同じ土俵に立つっていうのはすごく辛かった。

彼女らの苦しい過去はその比じゃなかったんだ
ろうなぁ・・・
スポンサーサイト

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

う~ん。けっこう深い話しだねぇ。①~③で短編書けるね。
最近は様々な分野で優秀な女性が増えた...と言うか、認められるようになってきたよね。学業もそうだし、資格保持者も圧倒的に女性が多い。就職などでは男性に分があったから(今でも少しある)、資格で武装しておかないと不安でもあるのはよ~くわかります。就職の面接時だって女性の方がずっと優秀ですよ(かつて大手で人事もやっていたので)。一心不乱に打ち込むのも昔は男のイメージだけど、圧倒的に女性の方が長続きする。この特性をしっかり見ながら役割を配分するといいんだよね。・・・長々と余計なことを言ってしまった。。。

No title

こんにちは。

会社で働くって、大変なんですねえ‥。
私はずっとフリー&女性が多い(これもめんどくさい)
仕事ばかりなので、
わからない大変さです。

ただ、妻をやっていて、
男性はプライドの生き物、というのはわかります。
だからこそ、自分のプライドを守ってくれる女性を、
男性は本当に大切にしますよ。

プライドを守ってあげることで、
男性はプライドに見合う人間に成長する
そんな気がします。

中身がないくせにプライドばっかり高くて
なんていうのは、
女性側の知恵のなさかな~
なんて思うのです。

ま、仕事で関わるしょうもない男性にまで
かまっていられないんですけどね。

No title

わお!あけぼうが頭痛に苦しんでる間に、AさんBさんのお話が佳境を迎えていた☆
いや~面白かったわー。そしてタメになったぁ。もう、大いに頷きながら読んでたよ!そういう話を就職前にしてもらえるって素晴らしいね~。
デキる女たちの会話ってかんじ・・・゚.+:。d(ゝc_,・*)゚.+:。カックイイ!!

男だって昔から外に出れば7人の敵がいるんだから、女だって社会に出れば7人は敵がいて当然当然・・・はっはっは!・・・って思うようにしたほうがいいのかもしれないね・・・。

No title

色々と、勉強になります。恋の話も、仕事の話も。
なにしろ恋愛も、仕事もまだなので・・・。
特に、今回の話は興味深いものがありました。
正直じぶんは女の人の方が、しっかり仕事をするイメージがありますね。

大人になると、男でも女でも変わらないことなのかもしれないですが、
若いとき(学生とか)は、なんとなく女の人の方が表と裏の違いが、
激しいように感じていました。単に異性だからかもしれませんが。

自分のなかで、男女に違いを感じるのは、いまのところそこぐらいですかね。男でも女でも、真面目な人は真面目で、いやな奴は、いやな奴なんですよ、きっと。

(考えていた話のどうしようか迷っていたという部分に、
近い主題の記事でしたので、なにかしら反映するかもしれないですが、お許しください・・・。)

似てるなぁ~(笑)

こんばんは~☆

ふじもとの先輩も、このAさんBさんのように頭の回転の早い、ソツなく仕事をこなす方なのですが
『絶対一人で生きていけるよね~。』
と、会社の同僚♂に言われたそう(汗)
この一言って結構ヘコむんですよね~。
気にしてましたもん…。

ふじもとはと言うと、医療関係なので男性は先生入れて2人しかいないんです(笑)
しかも…お局状態ですから敵無し。
なもんで居心地が良すぎて未だ独身(笑)
野郎(彼氏)は頼みになりませんし~♪

ちなみに、遊びに来た友達の上司(自衛隊2曹)に
『至近距離で打ってもノラリクラリとかわされそうだ。』
と言われましたが…。

私ゃ妖怪かっ(怒)

No title

う~ん、僕と同世代の話なら良く解かるけど
今でもそうなの?みたいな…気もしましたが
自体はもっと深刻なのかも知れませんね。

男女雇用機会均等法が出来て
総合職の女性上司の数も増えて行ったけど
バブルの崩壊で、派遣が誕生して
それと同時に女性の地位の下落が始まって
格差社会の形成と共に、男女格差も拡大して
現在に至る…なのかなぁ?

マコさんのコメント「プライドを守ってあげることで、
男性はプライドに見合う人間に成長する」
というのは、なかなか<見事な>答えですね

何も男性に限った話ではなく、さらに人に限った話でもなく
「人も植木も、器(鉢)に合わせて、器に見合った大きさだけ成長する」
というの事でいいんじゃないかと思います。

僕なんかも過去、
富士山に登って満足する人よりも
エベレストを目指して挫折する人を目指しなさい
挫折したところで、振り返れば富士山の倍ほど上にいる。
そのうえ人の痛みを知る深みも身についている

…などと教えていた事を、久しぶりに思い出しました。

いずれにせよ、世の中 「女と男」ですから
裏に廻って敵対するより、
共生する道を探す方がよいと思うんですけどね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アマゾネスは

草月さん、こんばんは。

本当、面白い記事楽しませてもらってます。
男にとって、メリハリがあればアマゾネスも恋愛の対象になるのではないかと思います。
きっと、北斗晶も仕事でアマゾネス、家庭では女らしいのでは?
なんて、思っています。
草月さんも、いつも怖いのかな?

では、また遊びにきますね。

こんにちは

kabocha-oyajiさん、マコさん、あけぼう、
シャケカレーさん、ふじもとりゅうさん、癌ダムさん、
魚屋栄吉さん、ご訪問、コメントありがとう^^

kabocha-oyajiさん>
こんにちは。深い話かなぁ?^^ 日常の話とは
深いところがあるんですかね。大手の人事をやっておられ
たんですか~。確かに、男性の特徴と女性の特徴って、
しっかり見分けられれば、それぞれの適所っていうのは
あるのかもしれないなぁと思います^^
ただ見分けるのにかなり深い考察がいるような気もします。
本当にこういう問題って根が深くて複雑です…^^

マコさん>
こんにちは。北海道寒くなりましたね~。
確かに「好きな男」ならそれはできるかもしれないです^^
くさつきも、だんなさんならマコさんみたいに一生懸命に
なれるかも!?
たぶんAさんやBさんのように
馬鹿にされた、虐げられたと感じてしまって相手が「偶然」出会った
会社のおじさんであれば、
プライドを守ってあげようとするのは無理があるのかもしれないですね^^
虐げられるとそれだけで、毎日耐えることで力を吸い取られるから、
がんばっている人に「もっとがんばれ」ということを
責めるような感じにもなってしまうのかなぁ・・・と思いました。
まぁ、日本はいたれりつくせりオヤジ大国wこれは今も変ってないかも^^ 

あけぼう>
頭痛は大丈夫ですか。お誕生日おめでとうーくさつきもあと1ヶ月と3日で
30代突入ですw しかし、大人になった実感ないなぁ。いつ成長できるのかw
Aさん、Bさんすごかったよ~。でも、楽しかったけどね^^
そうそう、女も外に出れば7人の敵がいるんだよね~。くさつきは最近敵だらけ
ですわ。よくわからんのにブチぎれてる人もいるしね。意味わからんww
働く女にとってこの問題ってずーっとついて回ってくるのかなぁ…

シャケカレーさん>
こんにちは。学生時代が若いとき・・・?あれw
女性の方がしっかりやるというイメージですか。どうだろう^^;
女でもくさつきのようなズボラな人間はいますよ~。
お話つくってるんですね。くさつきの記事と わからないように配慮
していただければ、参考にするのはいくらでも どうぞw 
そうだなぁ、まじめな人はまじめだし、嫌な人は男でも
女でも嫌ですね^^;そりゃそうだww
それって基本的なところですね。いや、どうも男、女で語ると
視点が狭くなっていろいろ見落としがちです^^;

ふじもとさん>
こんにちは。そうでしたか~先輩もそういうタイプww
「絶対一人でも生きていけるよね」といわれたら
「じゃあ、一人で生きていかなきゃなんないの?ほっとかれるの?」
と思うんだろうなぁ…。
しかし、病院関係の人でしたかw しかもお局様ww
なんか、だんだんふじもとさんが不思議な人に見えてきました(あ、見えはしないかw)
しかし、銃弾でもかわせそうな印象ってどんな人ですかw
わけがわからないです。

朝から羊羹くって、銃弾をのらりくらりとかわす人…
???
妖怪ww すいません…笑ってしまいそうです…


癌ダムさん>
こんにちは^^
器に見合った成長というのは確かにそうだと思います^^
ええと、どういえばいいでしょうかw 男女機会均等法や派遣問題は
確かに大きな流れであると思いますが、この問題はもっと根が深いと
思うのです。
男と女以上に、何かが深淵に潜んでいる…とくさつきは
感じます(勘違いかも?^^)。これって何かなぁ…?
まだうまくいえないのですw
くさつきにとって文章を書くというのは
呼吸と同じです。詰ってしまう時は呼吸困難に陥る感覚と似てます。
この問題に関して、書く時はいまだ呼吸困難から抜け出せませんww
未熟ですね~。自分も経験したからこそ、冷静にならなければいけない。
そういうものに限って、難しくなってしまうのはくさつきの成長が
まだまだだということなんでしょうねー…

魚屋さん>
こんにちは。いつも来ていただいてありがとうございます。
海外にもいってらっしゃるんですね~うらやましいですw
メリハリがあれば、アマゾネスでも…?とは
うーん?メリハリってどういう感じなんでしょう?^^;

仕事をしている時は、くさつきは怖いか…ですか。
うーん…怖くはないです。ただ、制作者なのでさすがに
クオリティに厳しくいうことはありますがw
あとは、大学生の彼らと話したときに決めたこと、
「悪意のある排除」をする人はダメですね~^^
(参照カテゴリ:人生はハプニングだらけ、「王様のコピーライティング」)
後はたのしくやっていければw
あれ?これってアマゾネス?

あ、ちなみに家庭でもくさつきはきっと女らしいわけではないですw
「あれ~なんか鍋の中が変な味する?」とか、
「ひぃぃ!掃除機がはさまってうごかない~」とか、
「もう面倒だからいいや」とか^^;
まともにできない、しないことが多いので魚屋さんのいう「女らしさ」は
あんまり・・・です・・・
あ、だから面倒見のいい男じゃないと付き合えないのか!なっとく^^;

くさつき
ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。