FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有給使って、小樽のまち④-強モノたちの城、北のウォール街-

やっと、トンボ玉の罠から抜け出したくさつきです。
さて、では色内を歩きながら堺通りを目指しますか。
色内(いろない)通りは別名「北のウォール街」。
明治後期~昭和初期に建てられた重厚な古い金融関係の建物が
並び、歴史探訪大好きな人にオススメの通りです。
旧日本郵船株式会社小樽支店や、北海道最古の「岩永時計店」などが
あります。

あ、これは旧小樽商工会議所ではないですか。小樽市色内1-6-32
札幌商工会議所
へぇー…1933年(昭和8年)かぁ。
この商工会議所は昭和初期、小樽経済界の拠点でした。
外装は石川県産千歳石の彫刻で、玄関には土佐産の大理石が!豪華ー!
昭和初期における鉄筋コンクリート造の建物として貴重だと思います。
3階建て、地下1階もあり。

商工会議所から少しあるくと、今度は左手にまたまた発見!
すごい…なんかテレビの中の風景みたい。
旧三井銀行小樽支店
旧三井銀行小樽支店:小樽市色内1-3-10

さすが三井財閥!1927年(昭和2年)かぁ。
え!竹中工務店が建てたんだ!すごいねー。さすが老舗。
この銀行は、小樽で最初の鉄骨鉄筋コンクリート造の建物のようです。
外壁には、北米産の花崗岩(つまり御影石)を使用かー。
三井住友銀行小樽支店として、2002年(平成14年)まで使われていたんだ。
でも、閉鎖されてから小樽市内から都市銀行は姿を消している…。

へぇー。お、道がちょっと広くなったぞ。
交差点に来た。
あ、この交差点の角にあるこのホテルも素敵だねー。
旧北海道拓殖銀行小樽支店
ホテルヴィブラントオタル(旧北海道拓殖銀行小樽支店)
:小樽市色内1-3-1
なんと、「蟹工船」の小林多喜二が勤務していた銀行です。
都市銀初の破綻銀行として有名な北海道拓殖銀行ですが、
北海道唯一の都市銀としてがんばってくれたのも事実。
1階にあるベルギーチョコレート専門店『ショコラduノール』が人気
だそうです。札幌からも買いにくる人もいるとか。

お。信号の向かいにあるあの建物もいいねー。
旧第一銀行小樽支店
トップジェント・ファッション・コア(旧第一銀行小樽支店)
:小樽色内1-10-21
1924年(大正13年)に建造され当初は、外壁に円柱なんかの装飾があり、
ルネサンス様式の華麗な建物だったそうです。今は取り外されています。
少し前まで、草刈政雄さんをCMに起用していた縫製会社の社屋でした。

この他にも日本銀行小樽支店や北海道経済新聞社の建物などが
残っています。最盛期には19もの銀行の支店があったそうです。

江戸時代、アイヌ語でオタルナイ(砂浜の中の川)と記され、
名を現した小樽。明治初期、札幌に開拓使がおかれてからは
石狩炭田の石炭積み出し港、札幌の外港として発展しました。
北海道産物が本州へ貨物移出し活発になると、商業拠点となります。
商業港として、石炭、雑貨などの輸出が行われ豪商や
金融の拠点となったんですね。


♪~ もうすぐ堺通りにぶつかるかな?
DSCN2345.jpg
硝子の個店がたくさん並んでて素敵だねー。カモも
いっぱいいるし…いいなぁ。


つづく





スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういう建物っていいよね~。
交差点のホテルは、中がどんな感じなのかもちょっと気になるね☆
小林多喜二の銀行はTVで見たことあるわーすごいね、この界隈・・・。
なんだか境通りへの期待が膨らんできたよ~

初めてこんなに小樽を見たよ

へぇ~
北のウォール街だったんだ。
この間ね、そこら辺にはるばる(九州から)旅行に行った人から
すごくステキな小樽のガラス製品(醤油差し。有名らしい)をもらって、
はるかそちらに思いを馳せていたところでした。 
次は、ガラスの個店か・・楽しみ楽しみ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

北のウォール街、すごいわ~。
こんなにたくさん、趣のある建造物が残っているなんて。。。
ゆっくり見に行ってみたくなりました。
トンボ玉も作ってみた~い。
くさつきさん作の写真は次かな?
楽しみです。^^

No title

なるほどー、確かにウォール街。

元気だった頃の北浜を見るようですww

古い建築は、趣があって良いですね。
いくら眺めていても飽きませんww

こんにちは

こんにちは。
あけぼう、編集長、nekomocaさん、龍姫さん
ご訪問、コメントありがとう^^

あけぼう>
やはり…見たことあったかw さすがレトロ女子^^
建物の中もねーギリシャ神殿みたいな柱があったり、
天井がひくかったりして中々いろんなレトロが残ってたよ。
喫茶店とかもさ。いいよー。ぜひ、いってみとくれw
堺どおりもかなりオススメw まだまだ出てくるぞー
建物めぐりw

編集長>
おひさしぶりー。最近どうでした?
そんなガラス製品がそっちまで行ってましたか。
やっぱりすごいね、文明はww
九州も古い建物結構あるし、建物さがししたら
たのしそーww
軍艦島にいきたいのぉ。

nekomocaさん>
ウォール街、いかなかったですか^^
北海道に住んでいると中々小樽って足伸ばさないですねー。
近くて遠い観光地ですw 結構みどころあっていいです。
本当に来たことない人ならここがオススメw

龍姫さん>
こんにちは。北浜もこんな感じだったんですか。
市役所のあたりかな?大阪も地元なのに中々ゆっくりみてないなぁ。
今度はぜひ、そっちのまちあるきをしてみたいです。

リンクしてくれた方、ありがとうございます。
「まるひ、くさつき帳」のリンクはフリーですので、
よろしければ連れて行ってやってください^^

ただし、記事・写真の無断転写転用だけはお断りしています。


くさつき

No title

北浜はね、市役所の辺りじゃなくって
堺筋の北浜から高麗橋、道修町辺り
さらに下って、平野町~堺筋本町辺りのことですよ。

坂本竜馬と新撰組が出会い頭で切りあった「高麗橋」も
手塚洪庵(手塚治虫のおじいさん)の居た「適熟」もこの辺りです。

かつて(大正末期)大大阪時代というのがあってね
東京より、大阪のほうが人口が多くて
大阪が日本一の栄華を極めた時代…というのが、あったわけですよ。

竹久夢二のいた時代なんですが、
その頃の大阪は、夕方になるとバルコニーから
「生演奏で時を告げた」時計屋さん、(現存)とか
建築家ヴォーリスの設計した百貨店(旧そごう本店)とか
そういう建物がゴロゴロあったわけですね。

ところで草月さんは、イギリスで刊行された
20世紀を作った世界の偉人100人の中に入っている
2人の日本人が誰だかご存知ですか?

本田宗一郎とか松下幸之助とか出てきそうですが
実は、阪急の創始者 小林一三翁と
カップヌードルの 安藤百福さん
世界に評価された日本人のいずれもが関西人というのも面白いものですね。
ようこそ くさつき帳
プロフィール

草月 愛弓

Author:草月 愛弓
草月愛弓(くさつきあゆみ)
Age:30
北海道江別市在住
職業:ライター(他にもいろいろ)
趣味:本、絵、まちあるき

基本は仕事大好き人間です。叱らずのびのび、育ててやってください。温厚に見えますが、仮面の下ぶちぎれ組。

※カテゴリに①②と数字のついているものは北海道探検を
している記事になります。 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ぽちっ!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
  • 管理画面
  • 応援してます、このブログ
    検索フォーム
    これこれ。
    はむがちゃんと走らない。マウスでくりっく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ぶつぶつ・・・
    クリックで草月がしゃべります
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。